世の中の方々の心と体を健康にする OMG PARTNERS | 株式会社 GENKIDO | 新卒採用サイト

新卒募集要項

GENKI DO! げんきなら出来る。 世の中の方々の心と体を健康にするために

NEWS 最新情報

事業規模

OMG PARTNERSは、
日本全国に344拠点展開!2020年8月1日現在

整骨院・鍼灸院事業
114
リラクゼーション・スパ事業
57
介護・看護事業
158
まつげエクステ・
エステ事業
6
スクール事業
9
北海道エリア
14
東北エリア
32
群馬
53
埼玉
54
東京
60
その他首都圏
25
その他北関東
21
中部・東海エリア
34
関西エリア
22
中国・四国エリア
12
九州・沖縄エリア
17

原則転勤はありません!
希望エリア内で配属!

業界最大級の規模を誇るOMG PARTNERSで
「整骨院・鍼灸院事業」を中心に展開するのが、GENKIDOです。
大きい組織でなくてはできないこと。大きい組織だからできること。
他にはない魅力がココにはあります!

詳しくはこちら→

グループポリシー

「世の中の
方々の心と体を
健康にする」

為の事業を
推進し続けることによって、
社会貢献し続けること。

このポリシーは、
OMG PARTNERSの
社会的存在価値であり、
私達が、OMG PARTNERSで
働く意味と価値、
そしてプライドである。

ミッションステートメント

私たちは、心身ともに健康で
価値ある人生を送るための
健康サポートを老若男女問わず
行います

  1. 仕事のパフォーマンスを
    最大化
    するために
  2. 人生100年の時代に向けて、
    心身ともに健康で
    価値ある人生とするために
  3. 性別・年齢を問わず、
    美しく健やかな生活
    送るために
  4. 多世代共存のために、
    子育て・孫育て・親の介護を
    心身ともに健康に
    継続するため

  5. 高齢者が寝たきりにならず、
    元気に長生きするために
  6. スポーツ選手が、競技能力の
    最大パフォーマンスを
    発揮
    するために
  7. 子供達が、心身ともに
    健康に育つ
    ために

治療方針

「ホリスティック医学」と
「操体療法の治療概念」に基づき
“心で診る”という基本精神で“心と体”両方に
アプローチした治療を実践

ホリスティック医学

西洋医学は病気を治す。ホリスティック医学は病人を治すといわれています。
ホリスティック医学では、
患者様の痛みを除去することは当たり前とし、それぞれの仕事環境や生活環境の検証や精神的な不安などとも向き合います。
患者様に寄り添いながら全人的なサポートと治療を進めていくのが、
ホリスティック医学の治療です。

ホリスティック医学のポイント
  • 人間関係・信頼関係をしっかりと
    構築しながら、全人的なサポートと
    治療を進めていく
  • 治療を行う私たちの「心で診る」
    という意識が大切
  • 様々な患者様に寄り添うための、
    人間力を磨き続けることが必要不可欠

操体療法

仙台のドクターである橋本敬三氏が創出した治療概念です。
人間の体は、元々正しく設計されていますが、長い年月の間に
積み重なったバランスの崩れが原因で、骨格の歪み、不定愁訴が現れ、
進行するとやがて未病の状態になり、更に進行すると病気になる
という考え方です。
外部環境の改善、息・食・動・想の改善をすると同時に、
骨格を歪体から正体へ戻す治療を行います。

歪みの要因/操体療法の治療法

ホリスティック医学の「心で診る」という意識と、
操体療法の「歪体を正体に戻す」ための治療で、
患者様の“心と体”を健康体へと導くのが、
GENKIDOの治療方針です。

教育研修

各分野の超一流講師による
技術・知識・人間力を磨く研修体制

GENKIDOの研修
新入社員研修

安心して現場に立てるように、会社理念・社会人マナー・接客・基本手技などを集中して学びます!

月1回の柔整・鍼灸定期研修

段階的に設定されたテーマに沿って勤務時間内に実施します!

10人の患者様がいたら、10通りの治療方法がある!
3年間で一流に!
新入社員研修
仕事・研修を通じて身につくもの

志向に合わせた充実のキャリアアッププランで、一流の治療家、一流の人間に!

福利厚生

業界トップレベルの充実した福利厚生を用意!

スタッフが安心して働け、
夢を叶えられる環境を用意しています。

CSR/社会貢献

OMG PARTNERSでは、国内外問わず地域に根差した展開を目指しています。

金銭的支援だけでなく、治療・未病予防・介護予防それぞれ特有のスキルで、施術ボランティアやスポーツトレーナー活動、介護予防教室など、OMG PARTNERSならではのたくさんの社会貢献活動にも力を入れています。
企業として社会や地域に貢献するのも私たちの役割です。

詳しくはこちら→

10のホンネ

  • Q1.

    入社の決め手は?

    私はスポーツトレーナーと鍼灸師の両方になりたくて、学校も2つのコースで学びました。それを実現できる=運動指導と治療の両方が行えるのが唯一GENKIDOだったので入社しました。
    研修制度がしっかりしているのも魅力でした。

    「人から信頼され、地域に愛される」柔道整復師。
    これが就職前に私の立てた目標です。
    この目標にGENKIDOの企業理念が一致していると感じたのが一番の理由です。

  • Q2.

    会社の雰囲気は?

    とても明るい雰囲気です。
    患者様の為に、店舗内のスタッフ同士がしっかりコミュニケーションをとっており、すごく打ち解けた職場だと思います。

    1人1人の意識が高く、患者様にどう感動を与えられるか日々精進している会社だと思います。ベテランスタッフも多いので経験が浅いスタッフが一番早く成長出来る環境ですね。

  • Q3.

    社会人になって感じたことは?

    治療の難しさと責任の重さです。
    もちろん先輩に相談はできますが、先生から教わるだけの学生という立場と、自分の責任と判断で施術を進めていくプロフェッショナルでは立場がまったく違うので、その点を強く感じました。

    学生時代の知識と現場に出た時に必要な知識量のギャップです!いざ現場に入ると知識量の不足を痛感しました。外傷の患者様がいらした際の判断などは学校では学べないので最初は大変でした。

  • Q4.

    プロフェッショナルとして意識している事は?

    「患者様に感動を届ける」「努力を続ける」「笑顔で患者様とコミュニケーションをとり、信頼関係を構築する」です!

    全ての患者様に最高の感動を提供できているか?を意識しています。治療のプロであるための鍛錬はもちろん、挨拶や言葉遣い、清掃にも気を配り「この院はいつでも気持ちが良いな」と感じてもらえるよう努力しています。

  • Q5.

    今どんな仕事を任されていますか?

    一般的な鍼治療から美容鍼、です。
    ボディリラクゼーション、トレーニングまで全般的に。トレーニングはジュニアアスリートの子を中心に担当させていただいています。中にはプロの選手や、メディアに取り上げられるような成績の子もいるんですよ!

    今年から新たに後輩が入りました。
    院長や先輩に教えてもらったことを次に伝えていくのも大事な仕事なので、細かなことまで一つ一つ丁寧に教えています。

  • Q6.

    鍼灸師 / 柔整師の研修は?

    入社してまずは新入社員研修がありました。
    現場に出てすぐに患者様の対応ができるよう接客や社会人マナー、会社の方針、基本的な技術練習といった内容です。その後は、月に1回鍼灸師の講師を招いての研修が継続してあります。

    レベル毎に合わせた研修があります。
    症例に合わせた治療法や、外傷の患者様が来た時の応急手当、固定やテーピング、電気療法なども柔整師の講師が教えてくれます。他店舗のスタッフと症例の共有を行い、講師にアドバイスを頂きます。

  • Q7.

    鍼灸師 / 柔整師の新人時代は?

    患者様の事情や症状は本当に幅広くて、一人として同じ治療内容はないです。毎日一人ひとりの患者様に全力で向き合って、その時自分のできる最大限のことをやっていました。

    日々勉強の毎日です。
    私は高校まで野球をやってきた経験から「凡事徹底」を座右の銘にしています。技術・知識の吸収から、院内の清掃や人とのコミュニケーションまで、昨日より一歩でも成長できるように意識しています。

  • Q8.

    鍼灸師 / 柔整師としてのやりがいを感じるのは?

    やっぱり治療で成果が出て改善したときです。
    私自身、故障がもとで陸上を断念した経験があるので、そういった方を一人でも減らしたいです。

    ありがとう!と感謝のお言葉をいただけた時ですね。治してくれてありがとうとか、とても楽になりましたとのお言葉を沢山いただけるので、とてもやりがいと成長を感じます。

  • Q9.

    どんな鍼灸師 / 柔整師になりたいですか?

    一人でも多くの方に「治った!」の感動を提供して、笑顔をたくさん生み出せるようになりたいです。理想は怪我もリハビリもトータルで診られる鍼灸師なので、そのためにもっと自分ができることを増やしたいですね。

    「あの整骨院は良くなるよ」と地域の皆様に信頼してもらい、地域の活性化の起点となるような整骨院、柔道整復師を目指したい。そして世の中の方々にいつも健康でいてもらいたいです。

  • Q10.

    もし学生時代の自分に
    アドバイスできるなら何を伝えたい?

    この道を目指す人へのアドバイスは?

    1つでも多くの知識を反復して覚えなさいと伝えたいですね。また、いろんな人の身体を触って鍼にも触って少しでも感覚を研ぎ澄ませるようにと。それから一つの事ばかりではなく視野を広げて欲しいなと思います。それから人とのつながりはなくなる事はないので、たくさんの人と繋がりを持ってほしいとも思います。多いですね(笑)。

    どういう治療家になりたいか、のイメージを持つことです。働く前には難しいかもしれませんが、大まかにでも決めることで、いつまでに何を学ぶべきかが見えてくると思います。

  • Q1.

    入社の決め手は?

    「人から信頼され、地域に愛される」柔道整復師。
    これが就職前に私の立てた目標です。
    この目標にGENKIDOの企業理念が一致していると感じたのが一番の理由です。

  • Q2.

    会社の雰囲気は?

    1人1人の意識が高く、患者様にどう感動を与えられるか日々精進している会社だと思います。ベテランスタッフも多いので経験が浅いスタッフが一番早く成長出来る環境ですね。

  • Q3.

    社会人になって感じたことは?

    学生時代の知識と現場に出た時に必要な知識量のギャップです!いざ現場に入ると知識量の不足を痛感しました。外傷の患者様がいらした際の判断などは学校では学べないので最初は大変でした。

  • Q4.

    プロフェッショナルとして意識している事は?

    全ての患者様に最高の感動を提供できているか?を意識しています。治療のプロであるための鍛錬はもちろん、挨拶や言葉遣い、清掃にも気を配り「この院はいつでも気持ちが良いな」と感じてもらえるよう努力しています。

  • Q5.

    今どんな仕事を任されていますか?

    今年から新たに後輩が入りました。
    院長や先輩に教えてもらったことを次に伝えていくのも大事な仕事なので、細かなことまで一つ一つ丁寧に教えています。

  • Q6.

    鍼灸師 / 柔整師の研修は?

    レベル毎に合わせた研修があります。
    症例に合わせた治療法や、外傷の患者様が来た時の応急手当、固定やテーピング、電気療法なども柔整師の講師が教えてくれます。他店舗のスタッフと症例の共有を行い、講師にアドバイスを頂きます。

  • Q7.

    鍼灸師 / 柔整師の新人時代は?

    日々勉強の毎日です。
    私は高校まで野球をやってきた経験から「凡事徹底」を座右の銘にしています。技術・知識の吸収から、院内の清掃や人とのコミュニケーションまで、昨日より一歩でも成長できるように意識しています。

  • Q8.

    鍼灸師 / 柔整師としてのやりがいを感じるのは?

    ありがとう!と感謝のお言葉をいただけた時ですね。治してくれてありがとうとか、とても楽になりましたとのお言葉を沢山いただけるので、とてもやりがいと成長を感じます。

  • Q9.

    どんな鍼灸師 / 柔整師になりたいですか?

    「あの整骨院は良くなるよ」と地域の皆様に信頼してもらい、地域の活性化の起点となるような整骨院、柔道整復師を目指したい。そして世の中の方々にいつも健康でいてもらいたいです。

  • Q10.

    この道を目指す人へのアドバイスは?

    どういう治療家になりたいか、のイメージを持つことです。働く前には難しいかもしれませんが、大まかにでも決めることで、いつまでに何を学ぶべきかが見えてくると思います。

  • Q1.

    入社の決め手は?

    私はスポーツトレーナーと鍼灸師の両方になりたくて、学校も2つのコースで学びました。それを実現できる=運動指導と治療の両方が行えるのが唯一GENKIDOだったので入社しました。
    研修制度がしっかりしているのも魅力でした。

  • Q2.

    会社の雰囲気は?

    とても明るい雰囲気です。
    患者様の為に、店舗内のスタッフ同士がしっかりコミュニケーションをとっており、すごく打ち解けた職場だと思います。

  • Q3.

    社会人になって感じたことは?

    治療の難しさと責任の重さです。
    もちろん先輩に相談はできますが、先生から教わるだけの学生という立場と、自分の責任と判断で施術を進めていくプロフェッショナルでは立場がまったく違うので、その点を強く感じました。

  • Q4.

    プロフェッショナルとして意識している事は?

    「患者様に感動を届ける」「努力を続ける」「笑顔で患者様とコミュニケーションをとり、信頼関係を構築する」です!

  • Q5.

    今どんな仕事を任されていますか?

    一般的な鍼治療から美容鍼、です。
    ボディリラクゼーション、トレーニングまで全般的に。トレーニングはジュニアアスリートの子を中心に担当させていただいています。中にはプロの選手や、メディアに取り上げられるような成績の子もいるんですよ!

  • Q6.

    鍼灸師 / 柔整師の研修は?

    入社してまずは新入社員研修がありました。
    現場に出てすぐに患者様の対応ができるよう接客や社会人マナー、会社の方針、基本的な技術練習といった内容です。その後は、月に1回鍼灸師の講師を招いての研修が継続してあります。

  • Q7.

    鍼灸師 / 柔整師の新人時代は?

    患者様の事情や症状は本当に幅広くて、一人として同じ治療内容はないです。毎日一人ひとりの患者様に全力で向き合って、その時自分のできる最大限のことをやっていました。

  • Q8.

    鍼灸師 / 柔整師としてのやりがいを感じるのは?

    やっぱり治療で成果が出て改善したときです。
    私自身、故障がもとで陸上を断念した経験があるので、そういった方を一人でも減らしたいです。

  • Q9.

    どんな鍼灸師 / 柔整師になりたいですか?

    一人でも多くの方に「治った!」の感動を提供して、笑顔をたくさん生み出せるようになりたいです。理想は怪我もリハビリもトータルで診られる鍼灸師なので、そのためにもっと自分ができることを増やしたいですね。

  • Q10.

    もし学生時代の自分に
    アドバイスできるなら何を伝えたい?

    1つでも多くの知識を反復して覚えなさいと伝えたいですね。また、いろんな人の身体を触って鍼にも触って少しでも感覚を研ぎ澄ませるようにと。それから一つの事ばかりではなく視野を広げて欲しいなと思います。それから人とのつながりはなくなる事はないので、たくさんの人と繋がりを持ってほしいとも思います。多いですね(笑)。

▲ PAGE TOP